植毛評判

植毛手術を行った人からの評判や口コミ体験談

植毛値段

植毛は他の薄毛治療に比べて高額になることが多く、手術に踏み切るには勇気が必要ですよね。

 

近年では切らない自毛植毛などの方法も増え、成功率も高まっていますが、実際に植毛を行った方からは様々な声が寄せられています。

 

ここでは、植毛を行った方からの評判や口コミ体験談をご紹介していますので、成功した方、失敗した方の声を知って、植毛のメリットやデメリットについて事前に知っていただけたらと思います。

 

自毛植毛の評判・口コミ

失敗したという方の声

  • 植毛を受けたけれど、生え方がばらついて望むような形にならなかった。
  • 価格だけで選んだせいか、植えた箇所の髪が抜けてしまった。
  • 頭皮を切りとる方法での植毛で、傷跡が残り目立ってしまった。
  • 仕上がりに不満です。植毛した箇所がはっきりとわかってしまいます。

自毛植毛の定着率は95%ですが、やはり中には望むような結果にならなかったという方もいます。
さらに、植毛方法の選び方で、頭皮の傷跡の大小がでてきますので、この点で違う植毛方法を選べば良かったという後悔の声もあります。

 

成功したという方の声

  • 切らない植毛方法を選びました。費用は高くなりましたが、今のところしっかりと生えてきています。
  • 今まで薬などで治療しましたが、効果が無く植毛に踏み切りました。何社も無料カウンセリングを受けて決めたクリニックで行ったので納得して手術を受けられました。
  • 術後の痛みはあったものの、髪が生える事に喜びを感じています。
  • 今のところトラブルなく生えています。メンテナンス不要という点でこれからストレスの無い生活が送れることが楽しみです。

成功した方の声を見てみると、まずクリニック選びを非常に時間をかけて行っていることや、無料カウンセリングなどをしっかり利用した方が多いです。

 

また、来院の際に自分が気になる点を紙などでまとめ書き出しておいて、質問をしてしっかりと回答してくれるところを選んだという方もいるなど、高額な手術を受けるのに信頼関係を築けるか?という点を重視して、クリニックを選んだ方が多いです。

 

また、術後の生活習慣の改善を行うなど、抜けてしまう原因を減らしているという方もいます。

 

自毛植毛で後悔したと感じることが多いケース

自毛植毛をした方の口コミで後悔したと感じるというケースには以下のような状況が多いです。

  • 想像した髪の密度にならなかった
  • 自然な仕上がりにならなかった
  • 植毛法の選択ミス
  • ショックロスによるストレス
  • 植毛した箇所以外の場所の脱毛や薄毛による離れ小島の悩み
想像した髪の密度にならなかった

植毛費用や移植本数の兼ね合いによって実際に自毛植毛を受けたものの、想像した髪の密度にならなかったという感想を持つ人がいます。
もう少し思い切って予算を増やして自毛植毛をしたら良かった、クリニック選びで密度が高い自毛植毛をしてくれるクリニックを見つけられたら良かったといった後悔の声が目立ちます。

 

自毛植毛は理想的な毛量、密度を実現する場合、想像よりも植毛費用が高額になってしまう場合があります。さらに大手クリニックになると自毛植毛手術の費用自体が高額ということもあり、費用の面で妥協、もしくは移植本数の面で妥協した結果で後悔に繋がってしまうということがあるようです。

 

自然な仕上がりにならなかった

移植の量的には問題が無くても、仕上がりに対して満足ができず不自然に感じてしまい、自毛植毛を受けたことを後悔しているという声もあります。

 

植毛法の選択ミス

現在は切らない自毛植毛であるFUE法というのが一般的ですが、まだメスによって頭皮を切り毛包を採取するFUT法も採用しているクリニックもあります。
FUT法はFUE法と比べると短い時間で移植を行える点や多くの自毛を移植する時間が短くて済む傾向にあると言われています。

 

ですが、選択した植毛法によっては傷跡が残ってしまい目立っているといった後悔を持つ方がいらっしゃるようです。

 

ショックロスによるストレス

ショックロスというのは自毛植毛を行うことで起きる、植毛をした場所(移植した場所周辺や麻酔をした箇所など)以外の髪が抜けてしまう症状です。
せっかく植毛をしたのに、それ以外の場所の髪が抜けてしまうというストレスを感じる方が多いようです。

 

クリニックの説明ではショックロスは一時的で生えかわるのに1年〜1年半の時間がかかることで、自毛植毛をしたことを後悔してしまう人がいらっしゃるようです。

 

ショックロスは自毛植毛を受けた方の20%ほどに表れる症状と言われており、5人に1人の割合ということもあり、自毛植毛を受けて数か月の間での抜け毛が増えるストレスを感じる方が多いようです。

 

植毛した箇所以外の場所の脱毛や薄毛による離れ小島の悩み

意を決して自毛植毛をしたのは良いけど、それ以外の場所も薄毛になってしまい、離れ小島のように自毛植毛をした箇所が逆に目立ってしまっているという声があります。ここからさらに自毛植毛をするのは経済的に難しいという方が、不自然な髪の状態に後悔しているという声があります。

 

自毛植毛で失敗したと感じやすい傾向の人

自毛植毛でもしかして失敗した?と感じてしまう人には傾向があると言われています。
以下のタイプの方は前もって理解をしておく必要があります。

  • AGAと診断された人
  • 自毛植毛後の状態の認識不足
  • 全体的に薄毛が進んでいる人

AGAと診断された人

AGA(男性型脱毛症)と診断されている方は元々の体質で髪が抜けやすいです。自毛植毛ではAGAの原因となると言われているαリダクターゼの影響を受けにくい後頭部の毛をドナーにして採取して移植を行うのですが、その他の箇所も含めて毛が抜けやすい体質であるため、1度の自毛植毛だけでなく、何度か自毛植毛を行う必要性がある場合があります。

 

これは実際にカウンセリングなど医師の診断によって必要な自毛植毛の本数や回数についての所見をうかがうことができるので、事前にしっかりと確認する必要があります。

 

自毛植毛後の状態の認識不足

自毛植毛の手術を受けた後1カ月ほどは頭皮が赤くブツブツな状態になると言われています。この状態は人から見ても目立つ状態ですので、髪で隠す、帽子をかぶるといった対処が必要になります。ですが仕事をしている場合はこの隠すこと自体が難しいため、自毛植毛自体は成功していても生活の面でストレスになってしまうといった認識不足に注意する必要があります。

 

また、自毛植毛後のショックロスなどの期間を経て1年〜1年半ほどの時間をかけて新たな毛として生えそろうという点なども理解しておく必要があります。

 

全体的に薄毛が進んでいる人

全体的に薄毛が進んでいるという方の場合、1回の自毛植毛手術で理想の密度や毛量を実現できない場合があります。
これは一度に自毛植毛で行える本数に限界があるため2回などに分ける必要があること、さらには自毛植毛は後頭部などの髪が生える組織を移植するため、移植できる組織は総量として決まっていることになります。(ドナーとして採取した場所は髪が生えない)

 

ですので、全体的に薄毛が進んでいる人の場合は自毛植毛の費用が大きくなる傾向にあるため、予算によって1回の自毛植毛では理想に近づけないという場合もあることを理解しておく必要があります。

 

例えば、「植毛の失敗画像」というようなワードで検索すると、様々な写真がヒットしますが、それぞれの事例には理由も存在しますので、実際にはカウンセリングにて植毛の失敗リスクなどについてしっかりと説明を求めることも植毛を受ける側に必要な点でもあります。

 

自毛植毛の失敗・成功の定義は?

失敗と感じてしまうケースの例としては

  • 自毛植毛を行ったにも関わらず、定着率が低いため期待した毛量、密度にならなかった
  • 定着率は高いものの、その後の発毛サイクルへの効果が持続しない

という点があります。

 

逆に成功と言えるケース定着率が高く、1年後の発毛サイクルで髪が継続して生えてきているというのが最も良い結果と感じるケースです。

 

自毛植毛はやり直し可能?

自毛植毛が1度で期待した仕上がりにならない場合、やり直し、もしくは複数回の手術は可能なのでしょうか?

 

自毛植毛をやりなおしたいと考える人の傾向として

  • ドナーを採取した箇所の傷跡が目立つ
  • 自毛植毛をしたが密度や毛量に満足できなかった
  • 想像していたデザインにならなかった
  • 他に薄毛が進行してきた箇所が気になる

という傾向があるようです。

 

自毛植毛クリニックでは過去にFUSS法など頭皮を切る自毛植毛を行ったことによる後頭部の傷跡部分を目立たなくするといったケースや事故などによるケガ、ヤケドによる跡への瘡痕への植毛を行っているクリニックがあります。

 

また、密度に満足できない、もしくは薄毛が進行してきた場合、デザインへの満足度の低さなどで2度目の自毛植毛を行うといった方もいらっしゃいます。

 

クリニックによっては過去に自毛植毛を受けた方(FUTストリップ法・FUSS法)を受けた方や同院で2回目の自毛植毛を受けるといった方に向けて割引プランを用意している場合がありますので、一度クリニックに問い合わせをするのが良いですね。

 

自毛植毛のクリニックヨコ美クリニックの院長今川医師のブログなどでも、デザインやグラフトの配置、植え付け密度などの失敗によるやり直しを目的とした修正の自毛植毛が多いというお話をしています。

 

手術途中のやり直しは不可

自毛植毛手術を行っている最中の変更ややり直しというのは原則不可となっているクリニックが基本です。
これはドナー採取、デザイン、移植ホールの作成、移植までが手術前に決められています。これを手術途中に変更するというのは難しいなどの理由がああるため、原則不可となっているようです。

 

自毛植毛では裁判や訴訟トラブル・消費者センターへの苦情は多い?

自毛植毛は高額な費用がかかる薄毛治療です。その分、手術を行った後の効果に満足できるかは重要なポイントです。
逆に自毛植毛を行った人で健康を害してしまったなどのトラブル、失敗による訴訟や裁判沙汰になっているのかという点はこれから自毛植毛を検討している方にとっては無視できないポイントです。

 

まず日本の自毛植毛クリニックへの裁判の訴訟事例は多くはありません。
ですが、植毛先進国であるアメリカ、そしてお隣の韓国では訴訟トラブルに発展しているケースもあります。

 

訴訟トラブルに発展した例としては

  • 事前の説明が不十分で患者がリスクを認識できていなかった
  • 技術が低いクリニックで植毛を受けたことによるクレーム
  • 扱う育毛剤や医薬品によるもの

というようなものがあるようです。

 

アメリカは訴訟大国と言われるくらい、日本よりも訴訟を起こすことに対する認識は身近であるということもありますが、日本と比べると自毛植毛関連の訴訟トラブルはあるようです。

 

また、過去には人工毛(ナイロンやポリエステルなど)を用いた植毛による健康被害によって訴訟トラブルに発展したケースもあり、現在、アメリカでは人工毛植毛は法律で禁止されています。ですが日本ではまだ人工毛の植毛を禁止する法律はありません。

 

人工毛植毛については日本皮膚科学会のAGA診察ガイドでも推奨されていませんので、トラブルを回避するという意味で自毛植毛と比べて費用が抑えられる人工毛植毛は避けた方が良い点が多いというのが一般的です。

 

植毛手術で失敗しないためには

植毛値段

植毛手術を受ける場合のクリニック選びでのポイントは
  • 無料カウンセリングの有効活用
  • 費用面と実績のバランス
  • 術後の症例などをしっかりと公開している
  • 技術力・最新技術など設備投資をしている
  • 生着率を高めるメガセッションに対応している
  • アフターサポート面の充実

植毛手術は費用面だけで決めるのはおすすめできません。
植毛の方法によって値段も変わりますし、クリニックの技術に対する自信や患者目線の考え方など、その後の生活までを考えた治療プランや方針を持っているクリニックを選ぶことで植毛の失敗リスクを減らせるといえます。

 

まとめ

自毛植毛の評判についてまとめました。その中で見えてくるのは自毛植毛をした人がすべて100%満足しているわけではないということです。
もちろん、満足している方は多いですが、期待した仕上がりにならなかったという方もいることは自毛植毛を検討する上で理解しておく必要があります。

 

また、理想的な髪の密度や仕上がりは、自毛植毛を受ける前にどれくらい達成可能なのか?といった点をしっかりとクリニックとのカウンセリングで把握しておく必要があります。

 

こういった植毛の仕上がりにおけるデメリット部分についてもしっかりとお話してくれるクリニックが信頼できるクリニックのポイントでもあります。
自毛植毛のやり直し・修正手術は初回の自毛植毛よりも難しいと言われています。ですので、やり直しをしたいと思わずに納得できる仕上がりを目指せるクリニックを見つけたいですね。

 

アイランドタワークリニック

 

 

>> 自毛植毛の値段比較TOPページへ


page top