人工植毛の値段は自毛植毛より安い?

人工植毛の値段は?自毛植毛より安いの?

薄毛の方が植毛手術を受ける場合、自毛植毛の他に人工毛を使用した人工植毛手術があります。
近年では自毛植毛が主流ですが、人工植毛を提供しているクリニックも存在しています。

 

そんな人工植毛の値段、手術費用の相場や自毛植毛と比較したメリット・デメリットについてまとめました。

 

人工植毛の値段相場

人工植毛ではニドー式で知られる株式会社ニドーのニドーシステム頭髪専門クリニックの人工植毛が有名です。
こちらを元に人工植毛の値段をご紹介します。

  • 100本:26,000円
  • 500本:130,000円
  • 1,000本:260,000円
  • 2,000本:520,000円
  • 3,000本:780,000円
  • 5,000本:1,300,000円
  • 8,000本:2,080,000円

 

ちなみに一般的な植毛手術の費用相場は

  • 1000本:500グラフト(費用相場65万円〜)
  • 3000本:平均1500グラフト(費用相場150万円〜)
  • 6000本:平均3000グラフト(費用相場240万円〜)

というのが相場になっているため、自毛植毛と比較するとかなり安いことがわかります。

 

自毛植毛の1グラフトには約2.5本の髪が生えているとされていますので、3000本の場合は約1200〜1500グラフトほど必要になりますが、その場合は60万円〜200万円以上はかかるため、植毛の値段という面で人工毛が安く済みます。

 

ただし、近年では各クリニックの企業努力によって自毛植毛手術の値段も下がってきている傾向にあり、人工植毛手術がかなり安い!というわけではなく、差は縮まってきている傾向にあるようです。

 

自毛植毛との値段比較

人工植毛値段

自毛植毛値段※1グラフト2.5本で計算

植毛本数

ニドークリニック

TOMクリニック

アイランドタワークリニック

1,000本 260,000円 約32,000円 約480,000円
2,000本 520,000円 約304,000円 約960,000円
3,000本 780,000円 約552,000円 約1,440,000円
4,000本 1,040,000円 約768,000円 約1,920,000円
6,000本 1,560,000円 約1,248,000円 約2,880,000円

※アイランドタワークリニックはi-Direct(1グラフト1200円)から1本単価(1グラフト約2.5本)を計算した目安です。
※TOMクリニックはグラフト数によって1グラフトの値段が変わるため、本数に応じたグラフト単価から1本単価(1グラフト2.5本)を計算した目安です。
※アイランドタワークリニック・TOMクリニック共に植毛費用に加えて基本料金や検査費用が加算されます。(アイランドタワークリニック基本料金200,000円、TOMクリニック基本料金350,000円)

 

単純比較ではありますが、植毛の本数が増えるほどに人工植毛の値段は割安になっていくのがわかります。

 

ちなみにニドークリニックでは自毛植毛を行っています。
グラフト単価の記載はありませんでしたが、

  • 7cm2 1,050本:626,000円
  • 14cm2 2,100本:1,004,000円
  • 20cm2 3,000本:1,250,000円
  • 27cm2 4,050本:1,540,500円

というような植毛費用となっています。

 

関連記事

>> 大手クリニックの自毛植毛の費用はこちら
>> 自毛植毛のメガセッションの値段相場はこちら
>> 自毛植毛の髪1本の単価はこちら

 

人工植毛1本の単価相場

人工植毛の値段相場で参考にしたニドークリニックでは1本単価260円が基本となっています。
ですので必要本数×260円という計算で人工植毛の値段が目安で算出できます。

 

人工植毛の特徴

人工植毛はポリエステルやナイロンといった合成繊維で作られた人工毛を頭皮に植毛を行う植毛方法です。
植毛には局所麻酔が行われて、特殊な針を用いて移植を行っていくのが一般的です。

 

人工植毛のメリット・デメリット

人工植毛のメリット

  • 自毛植毛と比較して手術費用が安い
  • 移植できる自毛が無くても植毛ができる
  • 薄毛の進行度合いに関係無く植毛が可能
  • 1度に沢山の植毛が可能
  • 自毛植毛で必要なドナー採取が不要なので採取による傷が付かない
  • 手術時間が自毛植毛よりも短い

自毛植毛と比べて手術自体の費用が安く抑えられるほか、希望する本数を薄毛の進行具合に左右されずに行える点、そして植毛を行う時にドナー株の採取が不要なのでドナー採取による傷が付かない点や自毛植毛よりも手術時間が短く済むというのがメリットにあげられています。

 

薄毛の進行具合に左右されずに希望するヘアスタイルの実現を目指せるという点も魅力に感じる方もいらっしゃるようです。

 

人工植毛のデメリット

  • 自毛植毛で基本不要なメンテナンスが必要
  • 人によって頭皮への影響や拒絶反応が出る場合がある
  • 手術後のメンテナンス費用がかさむ
  • 植毛後の定着率が低い傾向
  • 髪型を変えるのが難しい

人工植毛のデメリットは化学繊維でできた人工毛を移植することによるメンテナンスにかかわる煩わしさと費用がかさむ点です。(ニドークリニックでも人工植毛の場合、年に1〜2回の補毛を勧めています。)さらに人工物が体内に入ることによる拒絶反応やそれに伴う炎症といった頭皮環境の悪化によって自毛にも影響してしまうケースもありますので、人工植毛を受ける場合にはクリニックとのコミュニケーションやカウンセリングで術後の生活面でどんな点が変わるのか?注意点などをしっかりと理解した上で人工植毛を受けることをおすすめします。

 

人工植毛の値段という点では自毛植毛よりも手術費用は安く抑えられる点や薄毛の進行具合に影響されず髪を増やせるという点で魅力に感じる方もいらっしゃるようです。

 

ただし毛根を植えるわけではないので抜けたり切れたりするとそこから新たに髪が生えることは無いので、定期的な再植毛が必要になるケースは人工植毛を受けた人の口コミでも精神的につらい部分という声が多いです。また髪型を変えるのがカットをすることに限定される傾向にあるため、不自然に見えてしまうのも口コミで多いです。

 

また植毛の先進国であるアメリカでは現在、人工毛植毛は法律で禁止されています。

 

日本皮膚科学会の人工植毛についての考え

日本皮膚科学会がまとめた「AGA診察ガイドライン2017年度改定版」では植毛術は有用か?という項目では

フィナステリド及びデュタステリド内服やミノキシジル外用による効果が十分でない症例に対して、他に手段がない状況において、十分な経験と技術を有する医師が施術する場合に限り、男性型脱毛症には自毛植毛術を行うよう勧め、女性型脱毛症には行ってもよいこととする。しかし、日本国内で人工毛植毛術を施行することに医療法上の問題はないが、有害事象の発生を看過できないため、安全性に関する高い水準の根拠が得られるまでは、原則として人工毛植毛術を行うべきではない。

 

参考:公益社団法人日本皮膚科学会「AGA診察ガイドライン2017年度改定版」CQ4:植毛術は有用か?より引用

 

自毛植毛は男性型脱毛症に対してフィナステリドやデュタステリド内服、ミノキシジル外用による効果が十分でない場合に推奨するという内容が書かれています。

 

まとめ

人工植毛の値段は自毛植毛と比較して安く抑えられます。また、移植する自毛が足りず薄毛が進行していてカツラに抵抗があり、薄毛治療で期待した効果が得られなかったという方には選択肢の一つになるかもしれません。

 

ただし、自毛植毛と比較した場合の術後のメンテナンスや頭皮への影響を考えた場合に自毛植毛ができる方が人工植毛を選択するというケースは費用面の問題が大きい印象です。ただし、将来まで長い期間を見据えて考えると安くないメンテナンス費用を払い続けることがトータル的なコストに自毛植毛よりも安いのか?という点は疑問に感じる面がありますので、この点はしっかりと吟味したいポイントです。

 

植毛費用を安く抑えたいという方の場合、高い技術を提供しながら自毛植毛の値段を抑えているクリニックもあります。自毛植毛の費用についてはしっかりと各クリニックの情報をチェックすることをおすすめします。

 

 

 

>> 自毛植毛の値段比較TOPページへ

page top