女性の自毛植毛の費用

女性が自毛植毛手術を受ける時の費用相場はどれくらい?

女性自毛植毛費用

薄毛で悩む女性の中で自毛植毛を希望するケースがとても多くなっています。FAGA(女性の男性型脱毛症)で悩む方も増えてきており、女性の自毛植毛は各クリニックにも問い合わせが増えているようです。女性の薄毛対策アイテムも多く登場しています。

 

自分の頭皮の状態は自毛植毛が受けられるのか?受けるとしたらどれくらいの植毛費用がかかるの?といった点は気になるところですよね。

 

こちらでは、女性の自毛植毛の費用相場を大手・有名クリニックの自毛植毛手術費用を元にご紹介しています。

 

女性の自毛植毛手術の費用相場

自毛植毛手術を受ける際の主な費用は

  • 基本料金:無料〜300,000円(クリニックによって違いがあります)
  • 血液検査・麻酔費用:2,000円〜20,000円ほど(クリニックによって違いがあります)
  • 植毛費用1,000本の植毛(500グラフト)で300,000円〜1,000,000円
  • その他処置代・薬代など

まずこちらが主にどのクリニックでもかかる費用となっています。

 

中には自毛植毛手術を希望される場合には血液検査などの費用が無料になるクリニックもあるので、この点は実際に各クリニックをチェックすることをおすすめします。

 

また、その他には手術を遠方のクリニックで受ける場合には交通費や宿泊費なども費用として計算する必要がありますが、こちらもクリニックによっては負担してくれる場合もありますので、クリニック選びの比較ポイントとなっています。

 

>> 大手クリニックの自毛植毛の費用相場はこちら

 

ドナー採取が目立たない刈り上げない植毛

女性が自毛植毛を受ける場合、移植する本数にもよりますが、後頭部からドナー採取の時に髪を刈り上げて採取をするというのに抵抗がある方もいらっしゃいます。

 

近年ではこの髪を刈り上げてからドナー採取をするのではなく、刈り上げずに1採取する毛根の髪を短くカットして採取する方法が増えています。
この場合、一定範囲を刈り上げるよりも採取した跡が目立ちにくいです。

 

ただ、この方法は、通常のドナー採取よりもグラフト単価が高くなるため、予算や移植する本数を医師との話し合いで選択していくことになります。
また、クリニックによっては髪を刈り上げる方法と刈り上げない方法をミックスして行っているクリニックもあります。

 

大手クリニックの女性の自毛植毛手術の費用相場

女性の場合、生え際やおでこ、分け目といった箇所の薄毛に悩む方が多いです。これらの箇所は一般的に500グラフト、多くて1,000グラフト(約2,000本)ほどの自毛植毛というケースが多いです。
このグラフト数を各大手クリニックの自毛植毛手術費用に当てはめて計算してみました。

 

自毛植毛の植毛は1グラフト(頭皮の1つの毛包の単位で1株とも言います。)単位で単価が設定されています。1グラフトには個人差がありますが1〜4本ほどと言われています。

 

クリニック名 基本料金(固定費用) 1グラフトあたり 500グラフト費用 植毛法
アイランドタワークリニック 200,000円 2,000円 1,000,000円 刈らないDirect
TOMクリニック 350,000円 80円※グラフト数ごとに単価が変化 40,000円 ARTAS植毛
親和クリニック新宿

MIRAI法200,000円
NC-MIRAI法300,000円

2,000円 1,000,000円 NC-MIRAI法
アスク井上クリニック 185,000円 1,700円 850,000円 アンシェーブン
ヨコ美クリニック 基本無料 1,000円 500,000円 ノンシェイプ
紀尾井町クリニック 200,000円 980円 490,000円 ARTAS植毛
AGAスキンクリニック 300,000円 1,000円 500,000円 スマートグラフト自毛植毛

 

※1本あたりのグラフト単価は各クリニックで500グラフトを希望した場合の単価目安となります。
※クリニックによってはグラフト数によって単価が変動する場合があります。
※基本料金は固定費となっていて、ここからクリニックによって血液検査・遺伝子検査などが初診時にかかります。

 

ご紹介している金額は髪を刈り上げない植毛法があるクリニックは、対象の植毛法にて計算しています。
通常の植毛の場合は掲載している金額よりも安くなる場合がありますので、気になるクリニックは実際にカウンセリングなどで自分に必要な移植本数や適した植毛法を診断してもらいましょう。

 

>> 各クリニックの基本的な自毛植毛の費用はこちら

 

女性の自毛植毛手術は切らないFUE法・ARTAS植毛が主流

自毛植毛手術の主な植毛法は頭皮をメスなどで切るFUT法頭皮から毛包を採取する時にパンチと呼ばれる器具を使って行う切らない植毛のFUE法に分類されます。

 

そして女性が自毛植毛手術を受ける場合にはFUE法による植毛はもちろんですが、さらに髪を刈り上げずに採取することができる植毛法が主流となっている傾向にあります。
理由はやはり術後の頭部の傷や刈り上げた状態が目立たないため、手術後に普段の生活に戻りやすくなるためです。

 

費用は通常のFUE法と比べて高くなりますが、その分、術後の生活を考慮して選択される方が多いようです。
通常のFUE法でも髪型などでカバーすることも可能です。これらは各クリニックでの無料カウンセリングでしっかりと説明を受けましょう。

 

FUE法の中でもARTAS植毛はロボットによるグラフトの採取を行うため、人よりも正確に採取できるほか、単体の傷自体は小さいです。※移植本数によっては採取跡が広範囲になる場合があります。

 

ARTAS植毛は採取に関する医師の技術が影響しないため、傷跡などが目立ちにくくしたい女性にとって選択肢となる植毛法の一つとされています。

 

女性の自毛植毛を行っているクリニック

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックの特徴
頭皮を切り取らないパンチブレードによるドナー採取を行うi-direct法を採用、他にドナー採取時に髪を刈り上げないdirectは術後の傷も目立ちにくく生活に戻るのに苦労しないことにも配慮されています。

最新技術による状態の良い株の採取から、ドクターによって移植を行う自毛植毛は毛の生える向きまでコントロールして移植を行うより自然な生え方までデザイン可能な植毛法の一つです。


メガセッションにも対応、実際の手術の時間は休憩をはさみながら行われます。
価格 1,000グラフトあたり1,200,000
評価 評価5
備考 1グラフトあたり1,200円〜
アイランドタワークリニックの総評
  • リラックスできる院内の雰囲気作り
  • 2回目以降の割引制度
  • 宿泊費、交通費返還
まずは無料カウンセリングで自分に合った治療、植毛法について相談しましょう。

TOMクリニック

TOMクリニック

TOMクリニックの特徴
  • ARTAS植毛を導入しているクリニック
  • 500グラフトの場合、1グラフトあたり80円
  • 薄毛治療も行っている
  • 移植本数によってグラフト単価が変動
価格 1000グラフトあたり730,000
評価 評価5
備考 基本料金350,000円
TOMクリニックの総評
女性の薄毛治療にも積極的なクリニックで、女性専用のWEBサイトも用意されています。
自毛植毛の他に内服薬・外用薬・ノンニードル電気導入など様々な薄毛治療のプランも用意されています。

 

女性の頭の部位別、自毛植毛の費用相場

人間の頭部の髪の生え方は1平方cmに約250本と言われています。
1グラフト(1株)は個人差がありますが、およそ1〜4本と言われているため、平均的には125グラフトほどが必要となります。

 

これを元におおよその自毛植毛費用を比較することができます。

 

おでこ・生え際の自毛植毛の費用相場

おでこ・生え際といった髪型によって目立つ箇所の自毛植毛に必要とされるグラフト数は

  • 若干左右の生え際部分が薄くなってきている場合で500グラフト(株)
  • M字のように生え際が上がってきている場合で1500グラフト(株)

と言われています。

 

1グラフト1,000円で計算すると判りやすいですが、500,000円〜1,500,000円プラス基本料金という費用相場となります。

 

男性でもおでこが広くなる生え際付近の薄毛は女性にも多く、自毛植毛を受ける女性の中でも上位に入る部位です。

 

分け目の自毛植毛の費用相場

女性に多い頭頂部から生え際まで分け目の場合は広範囲の自毛植毛になるため、生え際と比較すると手術費用が高くなる傾向にあります。

 

頭頂部から生え際までの分け目に自毛植毛を行う場合、一般的に1,000グラフト(約2,000本)〜1,500グラフト(約2,250本)ほどが必要になるケースが多いです。
そのため、植毛の値段についても1,000,000円〜2,000,000円近くかかるのが相場となっています。

 

また、びまん症脱毛と言われる頭部が全体的に薄くなる症状の場合、広い範囲への植毛が必要となるため、本当に植毛で解消するべきか?という点はカウンセリングでしっかりと話し合う必要があります。

 

FAGA(女性男性型脱毛症)への植毛は可能?

ここまでご紹介している女性の分け目やおでこ・生え際の薄毛はFAGA(女性男性型脱毛症)と言われています。
これらは植毛手術を受けることが可能とされています。(ただし症状や頭皮などの状況による)

 

妊婦や産後の薄毛の植毛について

妊婦さんや出産を経た女性の悩みに多いのが抜け毛です。この時期の抜け毛によって薄くなってしまった頭髪を植毛でなんとかしたいと考える方もいらっしゃるようですが、妊娠中に栄養を胎児に与えることで栄養が不足してしまい抜け毛が増えてしまう状況は一定の期間が経つと体内の状態が元に戻るように働くため、抜け毛が収まり、薄毛自体も落ち着く傾向にあると言われており、出産後の薄毛に対しての植毛はクリニックではおすすめされることは少ないと言われています。

 

また、妊婦さんの場合には万が一のことを考えてお断りしているクリニックが基本となっています。

 

女性にとっての植毛の選択肢

女性にとって髪は命と言われるくらい大切な存在です。ご紹介したように自毛植毛は自分の髪を活かして薄毛が気になる箇所へと移植することで悩みを解消する期待ができる薄毛治療の一つです。

 

ただし、女性の薄毛の場合、生活のストレス、食生活といった男性にも通じる原因に加えて妊娠・出産という身体のバランスが一時的に乱れたり、年齢と共に女性ホルモンが減少するといった影響も深く関わっていると考えられています。

 

そのため、外科的な薄毛治療に加えて、内科的治療も女性の薄毛対策では最初に行われるステップとなることが多いです。

 

内服薬やオリジナル外用薬、HARG療法、メソセラピーといった薄毛治療で用いられることが多い治療法を行った上で自毛植毛を検討するというクリニックが多いです。

 

女性の薄毛治療を行っているクリニックは自毛植毛と薄毛治療の両方に積極的なクリニックが多い傾向にあります。

 

ドナーを採取した傷は目立たない?

女性にとって気になる自毛植毛による傷が目立つのでは?という不安ですが、男性と比べて女性は髪が長い方が多いため、通常の髪を刈り上げてドナーを採取する方法でも、周りの髪が長いので、カバーしやすいというのが男性との違いです。

 

また髪が短い人の場合はドナー採取時に髪を刈り上げない方法もありますので、自分の希望に合った植毛方法を選択したいですね。

 

女性の自毛植毛の推奨度は?

日本皮膚科学会がまとめた「AGA診察ガイドライン2017年度改定版」では女性型脱毛症に対する植毛の有用性についてはC1(A〜Dの推奨度がありAが有用性高い)という評価です。男性型脱毛症に対してはBという評価になっています。

 

他にも例えば、フィナステリド、デュタステリドといった治療薬の場合、男性型脱毛症にはAという評価をしているのに対して、女性はどちらもDという評価です。
そのため、薄毛治療、自毛植毛は男性と同じような治療は必ずしも適しているとは言えないため、クリニックでのカウンセリングはもちろん、女性向けの薄毛治療を提供しているクリニックが選ばれる傾向にあります。

 

また、男性の薄毛治療で使用されるポピュラーな治療薬のプロペシアも女性には効果が薄いどされています。

 

ちなみに男性・女性共に評価Aを付けているのがミノキシジルの外用による治療です。女性向け薄毛治療では、これら女性の薄毛に対して有用性が期待できる治療の中で、メソセラピー・エレクトロポーションなどによる薬の頭皮への浸透を高める治療にも力を入れている傾向にあります。

 

参考:公益社団法人日本皮膚科学会「AGA診察ガイドライン2017年度改定版」

 

女性の植毛需要は?自毛植毛を受ける人は多い?

自毛植毛は男性が受けるというイメージがありますが、近年、女性にも自毛植毛を受ける方が増えており、女性からの植毛需要は増加していると言われています。

 

上述しているように各クリニックでも女性向けの薄毛治療も積極的ですし、その中のメニューとして自毛植毛も用意されています。
実際に外科手術による薄毛治療数は2006年と比較すると、男女合わせて76%の増加というデータもあり、女性では2006年から比較すると、2015年は11%も増加していると言われています。

 

女性に多い、びまん性脱毛症の薄毛に対する自毛植毛を受ける方も増えているようです。

 

びまん性脱毛症の他にも

  • 牽引性脱毛症
  • 傷跡・フェイスリフト・外科手術によるケガ
  • 額が広い、生え際が気になるなどの悩み

といった状態を自毛植毛で治療するという方が増えているようです。
分娩後脱毛症、加齢、ストレス、食生活等が原因の女性の薄毛や脱毛、脂漏性脱毛症などの薄毛は生活習慣や食生活の改善、薄毛治療を経て解消されない場合に選択されるのが一般的です。

 

 

女性に多い薄毛・脱毛の症状と植毛

女性男性型脱毛症(FAGA)

男性の脱毛症として知られる男性型脱毛症(AGA)は女性にも表れるケースがあり、その状態をFAGA(FemaleAGA)女性男性型脱毛症と呼びます。
生活習慣や食事といった生活面の改善だけでは解消が難しい薄毛と言われており、薄毛治療ののち、自毛植毛を受ける女性がいます。

 

このケースではセルフケアで対策をするのが難しいため、専門のクリニックでの治療がおすすめされています。

 

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は女性が感じる薄毛で多いタイプに分類されます。
びまんとは一面に広がり満ちること。はびこるという意味を持ち、漢字では瀰漫と書きます。
年齢が主な原因というのに加えて、生活習慣などの影響も受けやすいと言われています。

 

ストレスなども大きな原因と言われており、髪にボリュームが無くなってきた、髪が細くなってきたといった30代以降の女性に多い薄毛の悩みです。
主に頭頂部や分け目から薄毛が徐々に薄毛が気になりだすのも特徴です。

 

自毛植毛の前の薄毛治療、生活習慣やストレスケアなどの治療が優先されるケースが多いです。
また、びまん性脱毛症の原因にもFAGAがあることが多いため、びまん性脱毛症=FAGAというように捉えられることもあります。

 

女性若年性脱毛症

女性若年性脱毛症は10代〜30代前半といった若い年齢で表れる若い年代の薄毛と言われています。
ホルモンバランスの影響や睡眠不足・食生活での栄養不足などが影響することが多いと言われています。

 

また、女性若年性脱毛症もFAGAが影響しているケースがあると言われています。
治療薬での治療ののち、自毛植毛も治療候補に挙げられますが、若い年代はまず生活面の改善を勧められます。

 

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は髪型による影響によって髪が薄くなってしまう症状と言われています。
例えばポニーテールやお団子ヘアといった、一部分に負荷がかかりやすい髪型によって脱毛してしまうのが挙げられます。
前髪、生え際、分け目といった箇所に表れやすい薄毛の症状です。

 

この負荷が必要以上に加わることで毛包が委縮したような状態が継続することで、本来の活動が行えない状態になり、髪が抜けてしまうと言われています。
牽引性脱毛症の場合はまず、髪型を変える、ヘアアイロンやコテといった髪や毛根に負荷がかかりやすいヘアアレンジの仕方を見直すことが基本です。それによって毛根に本来の血流を促していきます。

 

これらの原因を取り除いたうえで、髪が生えるかの状況を見ることになります。もしこれで変化が表れない場合には発毛治療、自毛植毛といった治療に進んでいくのが一般的です。

 

脂漏(しろう)性脱毛症

脂漏(しろう)性脱毛症は生活習慣などの影響によってホルモンバランスが乱れることで、皮脂分泌に以上が起き、フケが大量に出るなどの症状によって頭皮環境が悪化してしまい、髪が抜けてしまうのが特徴です。他にもかゆみなどを伴うこともあります。

 

この状態の頭皮は程度によりますが、マラセチア菌の繁殖によって炎症を起こしてしまうのも特徴です。
脂漏(しろう)性脱毛症はまず、マラセチア菌を退治して頭皮環境を整えることが優先とされています。そのため自毛植毛や薄毛治療の薬での治療ということではなく、皮膚科などでもらう外用薬やシャンプーによるケアが基本とされています。

 

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症もフケが以上に出るといった症状が特徴ですが、明確な原因が定められていない薄毛の悩みの一つです。
生活習慣などの影響も原因とされています。治療ではAGA治療ではなく、皮膚科での抗真菌薬や抗アレルギー薬での治療が一般的です。

 

分娩後(出産後)脱毛症

分娩後(出産後)脱毛症は出産を経験した女性がなる脱毛症で、女性ホルモンの分泌に変化が起きる時期である産後に表れるとされています。
分娩後(出産後)脱毛症は出産後6ヶ月〜1年程度で自然に回復するのが一般的です。

 

円形脱毛症

円形脱毛症は男女や年齢に関係無く表れる脱毛症の一つで、子供にも表れることがあります。
単発性脱毛症、多発性脱毛症、稀なケースで全頭性脱毛症などがあります。

 

ストレスが原因の一つと言われていますが、明確なメカニズムは解明されていません。ただし、自己免疫疾患と呼ばれる自分の体を守るためにある自己免疫が異常を起こしているケースがあると言われています。

 

瘢痕(はんこん)性脱毛症

瘢痕(はんこん)性脱毛症は何らかの影響で毛根・毛包が消失してしまった状態により、髪が生えなくなっている症状というのが一般的です。
続発性瘢痕性脱毛症と呼ばれるヤケドやケガ、傷、病気などの感染症が原因のタイプと原発性瘢痕性脱毛症と呼ばれる原因が解明されていないタイプがあります。

 

ケガやヤケドなどが原因でできた場合、自毛植毛によって新たに毛包を移植する治療が行われることが多く、自毛植毛の各クリニックでも患者さんが多い脱毛症の一つです。

 

子供の頃に負った傷やヤケドを治すために自毛植毛を受けるというケースが多いようです。

 

フェイスリフトなどの美容外科治療の傷跡への植毛

また、女性の場合、しわやたるみ治療として知られる美容外科治療の一つフェイスリフトによる頭皮の傷跡への植毛も需要があります。
フェイスリフトは側頭部やこめかみの生え際、もみあげといった箇所に傷が残ってしまうケースがあります。これを気にされている方は多く、自毛植毛クリニックにも多くの相談者がいらっしゃるようです。

 

髪で隠れていても赤みが残る傷跡部分に植毛をすることで、目立たなくすることができるのも自毛植毛の治療の一つです。

 

自毛植毛を選択するなら知っておきたい注意点

女性でも薄毛の悩みを解消する期待が持てる治療ということで、自毛植毛が注目されていますが、実際に手術を受ける場合にはいくつか注意しておく点があります。
その中で

  • 手術後の頭皮の腫れや赤いぶつぶつの傷ができる
  • 大小にかかわらず傷跡が残る
  • ショックロスによる脱毛やピットスカーといった植毛後の頭皮環境の変化

以上は実際に自毛植毛を受けるクリニックからも必ず説明があるポイントです。

 

その中でもショックロスと呼ばれる移植を行った場所やその周りの髪が抜けてしまう症状は女性にとって気になる点です。
抜け毛の量は全体の10〜15%ほどと言われていて、抜け毛が増える範囲は、植毛をした部分と麻酔を打った範囲に多い傾向にあるようです。

 

ショックロスが表れる場合、手術後3か月〜4か月後くらいに多いようで、個人差があります。

 

ショックロスが起きる確率は一般的に20%ほどと言われていますが、実際の所、医学的に正確なことがわかっていない面があるようです。
せっかく自毛植毛を受けても髪が薄くなってしまったと感じるのは、しっかりと事前に理解しておかないと失敗したと感じてしまう要因ですし、後悔の元です。

 

事前の説明、そして術後のアフターケア、ショックロスの対応がしっかりとしているクリニックを選ぶことが重要になってきます。

 

植毛した女性のブログでも知ることができる

ネットでも自毛植毛を受けた女性がブログなどで体験談を書いていることがあります。
これらの人を見ると、やはり悩みは生え際や分け目の薄毛に悩んで薄毛治療を行ったものの、期待した変化が得られなかった方が自毛植毛を選択したケースが多いです。

 

最初は育毛剤をセルフケアで行い、その後、専門クリニックで治療薬、そしてスマートメソなどの治療を受けたのち、自毛植毛を受けたという方が多いです。
実際にクリニックでもいきなり自毛植毛という提案ではなく、まずは薄毛治療を行い経過を見て判断するというのが一般的です。

 

まずは無料カウンセリングで自分の頭皮環境や薄毛の状態を診断してもらうのがファーストステップと言えそうです。

 

韓国での自毛植毛を受ける方もいる

自毛植毛を行っているのは日本だけでなく、海外の方が進んでいます。整形大国とも言われるお隣の国、韓国でも自毛植毛を受ける、もしくは検討している方は少なくありません。

 

なぜ韓国での自毛植毛を選択するかと言うと、やはり大きいのは植毛費用が日本と比べると約3分の一ほどで受けられるという点です。
この点を考慮すると、韓国での自毛植毛も十分選択肢に入ってきます。

 

ただし、韓国は植毛を行うクリニックも美容クリニック同様にとても多いです。日本と同じようなサービスを提供しているクリニックを見つけるのは自力では難しいので、日本のクリニックと提携(その逆も)している仲介サービスを利用するなどして、事前のカウンセリングや滞在先のホテル予約、案内・通訳をしてくれるガイドさんといった日本とは違う面にも気を配る必要があります。

 

韓国で有名なクリニックとしてグローバルヘアー・韓国植毛ナビ・モジェリム、モーションクリニックとJP形成外科毛髪移植センターといったクリニックが知られているのではないでしょうか。

 

 

まとめ

今まで自毛植毛は男性が希望する手術というのが今までの状況でしたが、近年では情報を得る手段も多くなり女性の方でも自毛植毛が受けられるということを知る方が多いようです。

 

女性の薄毛の悩みは男性と原因が違うこともあり、薄毛治療も幅広いですが、その中で外科的な手術を行うことでしっかりと気になる箇所に髪を増やすことが期待できるとして注目されています。

 

TOMクリニック

 

 

>> 自毛植毛の値段比較TOPページへ


page top